パニック障害 症状 チェック

MENU
 

パニック障害の症状は、アメリカで考案された基準を採用してチェックを行います。13個の項目に4つ以上チェックが当てはまると、パニック障害の可能性があるのだそうです。
では、どのような症状に当てはまるとパニック障害の可能性があるのでしょうか。

 

パニック障害の症状チェック

1..心臓がドキドキして脈拍が早くなる
2.手のひらや全身に汗をかく
3.体や手足が震える
4.息切れや息苦しさを感じる
5.窒息感や喉が詰まったような感じがする
6.胸に痛みや圧迫感、不快感がある
7.吐き気や腹部に不快感がある
8.めまいや気が遠くなるような感じがする
9.現実感がなく自分が自分でないような感じがする
10.自分がコントロールできなくなるのではないかとか気が狂うのではないかといった恐怖に襲われる
11.このままでは死んでしまうという恐怖を感じる
12.しびれや疼きを体の一部に感じる
13.冷たい感じあるいは火照った感じがする

 

火照りや腹部の不快感、めまいなどは便秘でも起こる可能性がありますから、4つ以上チェック項目が当てはまるからといって、必ずしも自分がパニック障害とは限りません。心配な場合は、自己判断をせず必ず心療内科や精神科を受診しましょう。
ちなみに、パニック発作と似た症状には過呼吸や甲状腺疾患といった病気もあるので、病院では血液検査や心電図検査、レントゲン検査なども行います。