MENU

子供のパニック障害

パニック障害は、大人がなるというイメージが強いかもしれません。特に、20代から30代の女性に多く見られる病気とされていることから、子供には無縁のように思えますが、実は子供もパニック障害にかかることがあるのです。

 

子供のパニック障害と大人のパニック障害は、特に原因に違いはないとされています。神経伝達物質の分泌異常や、過剰なストレスから発症するのです。ただ、ストレスの感じ方は、子供と大人でも異なるかもしれません。

 

例えば、周りから孤立して寂しい思いをすることで、発作が起こったりするそうです。一人っ子で、親が仕事で夜にならないと帰ってこないという場合、学校が終わって家に帰っても誰もいないので、子供は寂しさを感じてしまいます。

 

また、勉強や部活動を頑張っているのに誉めてもらえない、学校でいじめられている、受験に失敗してしまったなど、孤独以外に劣等感やショックなどもパニック障害の原因となります。

 

子供は、家族から愛されたい、自分をちゃんと見て認めてほしいといった感情を持っているものです。これが満たされないと、パニック発作が生じてしまうことがあるのです。

 

もし自分の子供がパニック障害を発症してしまった場合は、家族はその問題にきちんと向き合わないといけません。現在の家族のあり方について、話し合うことも重要です。学校で問題があるためにパニック障害になってしまったのなら、学校にも相談して問題解決に取り組むべきです。

 

ちなみに、十代のうちに子供がパニック障害を発症した場合は、遺伝の可能性も高いそうです。しっかりと心療内科や精神科を受診してください。