パニック障害とは

MENU

パニック障害とはどんな病気?

 

パニック障害とは、いったいどんな病気かご存知でしょうか。

 

突然激しい動悸や発汗が起こったり、脈拍が異常に速くなったり、震えや息苦しさ、胸部の不快感、めまいなど体に異常が起こり、このままでは死んでしまうのではないか、という強い不安に襲われてしまう病気です。パニック障害に伴うこれらの症状はパニック発作と言われ、10分から1時間以内には治まります。

 

 

初めてパニック発作に見舞われると、あまりのことに救急車を呼んでしまう人が多いのですが、いざ医師の診察を受けるとなると、その頃には発作の症状が消えてしまい、検査をしても何の異常も見られないので、気のせいで片付けられてしまうこともあるのです。

 

パニック障害とは、身体的な異常は何も見当たらないものなのです。そのため、人からは理解されにくい病気ともいえます。

 

パニック発作は、いつ起こるかわかりません。何度か発作を繰り返すうちに、また発作が起こるのではないかという不安や恐怖を感じるようになってしまいます。これは予期不安と呼ばれるもので、例えば大勢の人が集まる場所や電車内といった、逃げ場がないところで発作が起こったりしたら恥ずかしい、怖いといった思いを抱いてしまいます。

 

そのために、過去に発作を起こした経験のある場所を避ける行動をとるようになってしまいます。これを広場恐怖あるいは外出恐怖と言います。

 

つまりパニック障害とは、パニック発作、予期不安、広場恐怖の三大症状を伴うものなのです。これらは悪循環となってさらにパニック障害を悪化させてしまい、最悪の場合は正常な社会生活を維持できなくなり、うつ病を併発してしまう恐れもあるのです。

 

パニック障害とは?記事一覧

外出時にパニック障害の発作が起こってしまうと、かなり困ってしまうことでしょう。また、この発作は死んでしまうかもしれないという恐怖も伴うものなので、大きく取り乱してしまうかもしれません。パニック障害の人は、対処法を知っておいた方がいいでしょう。まず、パニック発作で死んでしまうことはあり得ないので、大丈夫だと日々自分に言い聞かせておきましょう。また、この発作は体に病気があるから起こるものでもないし、長...

パニック障害は、大人がなるというイメージが強いかもしれません。特に、20代から30代の女性に多く見られる病気とされていることから、子供には無縁のように思えますが、実は子供もパニック障害にかかることがあるのです。子供のパニック障害と大人のパニック障害は、特に原因に違いはないとされています。神経伝達物質の分泌異常や、過剰なストレスから発症するのです。ただ、ストレスの感じ方は、子供と大人でも異なるかもし...