パニック障害 原因

MENU

パニック障害の原因や家系について

パニック障害の原因というのは、実はまだ解明されていません。しかし最近では脳内不安神経機構の異常と考えられているのだそうです。

 

人間の脳の中には、たくさんの神経細胞があります。その神経細胞の間を伝わり、運動や知覚、感情、自律神経などの働きが起こるのです。

 

パニック発作や予期不安、広場恐怖などは、この脳の働きによって起こるものです。 何らかの誤作動により神経細胞間の情報を伝える受容体の機能が異常を起こしてしまうのです。

 

ノルアドレナリンがパニック障害の原因だという説もあるようです。脳はノルアドレナリンと言う神経伝達物質を分泌するのですが、それは危険が迫った時に知らせる神経が作動する役割を果たします。パニック障害は、ノルアドレナリンの過剰分泌や、受容体の過敏が原因で起こると考えられているのです。

 

また、ノルアドレナリンのせいで不安が極端に増してしまわないよう、それを抑える働きを持つセロトニンと言う神経伝達物質がありますが、これが不足してしまったり、受容体が鈍くなっているとパニック障害の原因となるとも考えられています。あるいは、セロトニンが過剰に分泌されるのも原因ではないかとも言われています。

 

他にも、不安を抑えてくれる神経伝達物質であるギャバの受容体やそれに連結するベンゾジアゼビンという受容体の感受性に問題があるためにパニック障害が起こるとも考えられています。

 

このように、パニック障害の原因は様々な仮説が唱えられており、はっきりとしていません。しかし、パニック障害の患者の家系にはパニック障害、うつ病、アルコール依存症が発生しやすいとされています。

パニック障害の原因は?記事一覧

パニック障害の治療を薬物療法で行う場合、抗うつ薬や抗不安薬を飲むことになるでしょう。抗うつ薬は、長期的に治療を行うときに使われる薬です。飲み始めたばかりの頃は、パニック障害に対してあまり効果を感じられませんが、抗不安薬に比べると副作用が少ないとされています。身体への負担が軽いために、ゆっくりと治療していくのに適していると言えるのです。しかし、抗うつ薬にも副作用があります。それは、消化器官系にダメー...